人気の住宅なら設計事務所に注文するのが良い|希望通りの家が完成

レディ

相場のトレンドを見る

集合住宅

マンションなどの大きな資産の売却は事前の情報収集が大切です。売るタイミングは大きな相場の流れを確認して、次に個別の相場の確認をします。現在の価格だけでなく過去の価格からの変化の割合を確認して売却の時期を決めることが大切です。

もっと詳しく

湘南の家が人気がある理由

一軒家

茅ヶ崎の海側エリアにも山側エリアにも、それぞれにメリットがあります。どちらのエリアの不動産を選んでいいのか迷ってしまいますが、どちらのエリアを選んでもあなたの生活はとても充実した生活になることは間違いありません。

もっと詳しく

住みたい人が多い街

部屋

湘南エリアの不動産は自然に恵まれ、環境もよいことから人気を集めています。不動産価格は高い傾向ですが、都心部へのアクセスが良好であり、鎌倉も近いことからこのエリアに終の棲家を持とうと考える人も多い傾向です。

もっと詳しく

狭小住宅などに強み

間取り図

設計料に見合うか考えて

注文住宅を建てるときは、設計事務所に設計を依頼する方法と、ハウスメーカーなどに設計も含めてすべて委託する方法の二種類があります。設計事務所に設計を依頼した場合、設計事務所が設計をし、提携している工務店が建築することになります。ハウスメーカーは設計と建築が一体となっていますが、分離していることで工務店に不備がないかしっかり管理してくれることになります。また、自由に設計できるため、東京などに多い狭小地や変形地の住宅建築には大きな強みがあり、安くなることがあります。ただし、設計料がかなりかかるため、それに見合うのかどうかは考えるべきでしょう。比較的オーソドックスな形の土地を持っている場合は、東京であってもハウスメーカーの作る家の方が安くあがることもあります。

依頼者にあわせた設計

設計事務所の住宅建築の特徴は、依頼者にあわせて個別に設計するということです。ハウスメーカーなどでは、ある程度の雛形が存在し、大枠はそれにそって進めていきます。しかし、設計事務所の設計はすべて一から始まります。そのため、どのような要望があっても自由に設計できるのです。非常にデザイン性の高い家を建てるのも可能ですし、部屋の間仕切りをなくしたようなオープンな家を建てることもできます。ただ、設計料がかなり高いのが難点といえますが、東京で家を建てるときはそれを上回るメリットがあるともいえます。東京に多い変形地に家を建てるときは、ハウスメーカーの持つ雛形が使えないことも多いため、費用が余分にかかりがちです。しかし設計事務所ならば柔軟な対応が可能なので住みやすい家を建てられ、結果的に安くなることもあるためです。